建築士事務所の役割

建築士事務所の役割

  1. ① 設計・契約建築家は家の設計だけでなく、土地探し資金計画についてもアドバイスします。
  2. ② 指示・管理図面通りに施工者が工事を実施しているかを監理するのも建築家の義務です。
  3. ③ 工事契約建築家が立会い、調印します。
建築士とは
建築士法により個人に与えられた国家資格、建設大臣の免許を受けた一級建築士、都道府県知事の免許を受けた二級建築士、木造建築士の資格を有する者を言います。
構造、規模、用途に応じて設計等が出来る範囲が決められており、他人の求めに応じ、報酬を貰って設計をする場合には、必ず都道府県知事が許可する「建築士事務所」の登録が必要になります。
建築士事務所とは
建築士事務所には「法人」「個人」があり、それぞれ1級・2級・木造建築士事務所があります。 建築の企画・設計、見積、建築確認申請などの代理、住宅金融公庫特定業務、建築関連法規らに関する相談・調査・諸手続き、工事契約、施工者への技術指導、工事の監督・監理等を業務として行う 建築設計事務所のことで、建築士法(昭和25年法律第202号)に基づいて、実務経験を積んだ建築士(1級・2級・木造)を管理建築士として都道府県知事に認可・登録しているものをいいます。